琴座のベガ

“Look at that star, Teddy——the one just over the youngest Princess. It’s Vega of the Lyre. I’ve always loved it.”

“Let us promise each other whenever we see that star we’ll always think of each other——always. Everywhere and as long as we live.”


「あの星をごらんなさい、テディ——いちばん若い王女の上に光ってるあれよ。たて琴のヴィガよ。わたしはあの星が大好き。」

「ぼくたちは、あの星を見たらお互いのことを考えよう——いつでも。どこにいても、そしてぼくらが生きている限りね。」


『エミリーの求めるもの』 L.M.モンゴメリ著 村岡花子訳


-------------------------------------



ジョバンニは青い琴の星が、三つにも四つにもなって、ちらちら瞬き、脚が何べんも出たり引っ込んだりして、とうとう蕈のように長く延びるのを見ました。


『銀河鉄道の夜』 宮沢賢治著


-------------------------------------



「琴、菊ときたらもう一つは斧ではないかと普通は思いますよ。」

「なんで?」

「斧はよきというので、よき、こと、きく、つまりよきこときく、という縁起のいい語呂合わせになってるんですよ。」


『からくりからくさ』 梨木香歩著


-------------------------------------



うちのサイト名「Cotorilla(コトリラ)」は、大好きな物語の様々な場所に現れる「琴」の、日本語の音「こと」と、英語の音「リラ(Lyre)」を合わせた造語です。

(リラの綴りが「rilla」なのは、上記「エミリーシリーズ」の作者である、モンゴメリの別著「アンの娘リラ」の主人公(Rilla)から拝借してあるためです。 )




日曜日は、久しぶりにリマーナすず先生のところに、ホロスコープを読んでもらいにお出かけしてきました。
(私と占星術についての記事はこちら⇒『星を読む魔術師』


たくさん星の話が出来て嬉しかった!
鑑定中にお猫様のご訪問があったのも嬉しかった!(途中からすず先生のひざに座ってた)


そして、鑑定後、すず先生のブログを読んでビックリ。
この記事に出てくる、山羊座15度付近に金星を持つ人のひとりは、多分私です。

(すず先生、素敵な誕生日プレゼントになりました、ありがとうございます(*´艸`*))



今回は、太陽回帰図(誕生日からの一年の運勢を見ることが出来る)と、「適職」を聞きにいったのでした。

私は度々書いていますように、勤め人が向いてません。(想像通り?)
新卒での就職からずっと、フツーに生きようとすれば、ブラック企業に振り回されっぱなし。
一生懸命生きてきたつもりだけど、頑張らなくていいことを頑張っていて、本当に頑張るべき方向では頑張っていないんじゃないか。そんな不安もありました。


けれど、特殊なスペックを本格的に受け容れて生きていくのは、難しい。
当然リスクも大きく、社会に沿わないことへの言い訳のようにも思える。
何よりお金になるかどうかの壁に圧倒される。
才能があるようにも思えないのに、そのくせに「一般的に大人とされている」ような生き方が出来ない。何かをしたい欲を消してしまえれば、こんなに苦しくもなかろう……。
加えて、この一年は、やる気も枯渇してきていましたから(おそらくP新月前の影響もある)、あらゆることに嫌気がさしていました。


それでも、自分に嘘をついた生き方が、どんなに幸せから遠ざかるか、私は嫌というほど知っている。
ならば、具体的に、どういう道を辿ればいいのだろう。
それを今回は、星の地図から読み解くことは出来ないか、教えてもらいに行ったのでした。



去年からこのかた、まず、たくさんの「物」を捨てて、つづいて様々なことを清算しました。
「私は何をして生きていったらいい? ここからどう、動き出していけばいい?」
その問いを叶える旅に出るために、荷物を整理し、体をシンプルにしていっていたのだと思っています。



活動宮の15度付近は芸術や音楽の才能に恵まれると昔から言われています。
とくに山羊座14-15度付近は琴座のα星ベガの影響を受けとります。


すず先生のブログにあったこの二文を読んで、私は、琴座のベガはもしかしたら、私がこうして気付く前から、ずっと私を、私の力を守ってきてくれていたのかも。そんな風に思いました。
例え、知識として、その星のことは知らなくても、運命の人に惹かれるのに理由が無いのと同様に、自分に関係のあるものと私たちは、自然と繋がってゆくものなのかもしれません。



☆ ☆ ☆



ところで、L.M.モンゴメリ女史と、私のホロスコープは重ねると、ちょっと面白いんですよ。


(データを間違って入力してなければ)外円がモンゴメリ女史、内円が私。

なんか結構、共通点がありませんか。(同じ色の記号が多いので解りやすいかと)
同じ、乙女座の月、蠍座の水星、天秤座の木星。
そして、私の射手座の海王星に金星を、天秤座の土星に火星を、牡牛座のキロンに冥王星をモンゴメリが乗せてきます。
赤毛のアン……というか、村岡訳のモンゴメリ作品の文体というのは、私のベースになっています。


モンゴメリのみならず、宮崎駿や、BUMPの藤くんなど、私の感性に触れてきた人たちのホロスコープは、
私の『海王星』に対して主要なアスペクトを形成し、同時に『月と火星』を刺激してきます。
(私が月・火星と海王星のスクエア持ちなので)

海王星に金星を乗せるか、スクエアをかけるかして、
月と火星に、彼らの金星がハードアスペクトをかけてくるのです。



宮崎駿監督(1941.1.5)と私のホロスコープ ↓

モンゴメリ同様、宮崎監督の「金星」が、私の海王星になぜか乗ってる。
(つまり私の月・火星にスクエア)

かつ、私の金星に、監督の太陽がどーんと乗ってる。度数もおんなじ。


監督自身が射手座の金星だから、宮崎アニメの女の子たちは活発元気なのか?



つづいて、BUMP OF CHICKENの藤くん(1979.4.12)と私のホロスコープ ↓

藤原さんの魚座の金星が、私の月・火星にオポジション(180度)。
海王星にはスクエアしてることになる。
もう一個おもしろいのが、藤原さんのドラゴンヘッドが私のお月様と火星にコンジャンクション。


* * *


琴座のベガは、「白鳥座のデネブ」、「わし座のアルタイル」とで、夏の大三角を形成することでも有名ですね。
ベガが織女星、つまり織り姫、アルタイルが牽牛星……彦星としても知られています。

ちょっと古いですが、歳時記本・彗星の巻より。
23日の文学フリマにも持っていきます。よろしくね!

(宣伝)



※ 「エミリー」の「ヴィガ」は、原文ママです。

0コメント

  • 1000 / 1000