水星逆行がやってきた

確か、3年くらい前に、成田空港へ向かう電車の中から撮った写真だったと思います。
話の内容とは全く関係ないですが、ちょっと面白い構図だったので、採用。

*


「27日間、毎日、ブログを書く」ということを自分に課してるのですが、
よりにもよって、水星逆行が始まりましたね。解ってたはずなのに…… 


水星は、文筆を司りますし、私はASCが双子座、月も火星も乙女座という、
バリバリの水星人間(?)なので、水星逆行中は、モロに影響を受けます。
即ち、モノが書けなくなります。
その上、日本の情勢にも、仕事の人間関係に対しても、
正直、冷静さを欠きがちなここしばらくですから、なおさらです。
中島みゆきの『瞬きもせず』『Nobody Is Right』を聞きまくってる。
正直なところ、私も今日のシュプレヒコールに参加したかったです。
(あ、『世情』はプレイリストに入ってなかったな)
それくらい、今、心が穏やかじゃありません。
それくらい、今、この国の行き先に不安と恐怖を抱いています。


そして、それが大多数の『無関心』によって、拍車がかかることがまた苦しい……。


話を『逆行』に戻しますと、
占星術を知りたてほやほやの頃、私は星の影響があることの裏付けが欲しくて、
いろいろと検証をしていたのですが、遡って調べたところ、
水星逆行中はかなりの確率で親とケンカをし、
かなりの確率で日記に長文を綴っていたことが解りました。
日頃の、表に向いているもの(ブログのような発信用)がスローダウンし、
蔑ろにしがちな、内向きの世界(自分の日記)にエネルギーが向かうという。
初心者(検証当時の自分)にも解りやすい結果が出ていました(笑)


*


スピリチュアルレッスンは本日が12日目。水の週の5日目です。
水の週は、感情の浄化の週。
今までのレッスンでは、この週、大抵、『号泣』する案件が不思議と発生しており、
涙によって浄化をしていたようなのですが、今回は、『怒り』による燃焼として表れています。


今、私は、職場に通うのが正直、少しつらいです。
仕事内容自体は、遣り甲斐を見出す職種ではないとは言え、
これまでブラック2社はしごしていた私にしてみれば、
ちっとも大変じゃないし、ある意味恵まれていますが、
……もう言ってしまうと、事務所が2人体制で、
先輩と一対一、という状況がしんどいわけです。


先輩は、気のいい、そう、いい人なんですが、
如何せん、政治にしろ、人生観にしろ、人権問題にしろ、
『倫理観が私と全く相容れない』のと、
私は先輩といると、正直なところ、エネルギーをガンガン持っていかれ、
一緒にいる時は気付かないのですが、帰宅後、
「……先輩から離れたい……」
とつぶやく日々が続いております。
かつ、年齢も大分彼女が上ですから、
私はどうでもいいことなら頷くか、
頷きたくない時はうまくかわすかしかないわけです。
自分の倫理観にもとるものに同意するわけにはいかないから。


こういう『問題』を抱えていると、
それが浮上しがちなのが、水星逆行中のような気がします。
『逆行』の真の意味は、
全速前進しているときに取りこぼしてきたものを、
振り返って拾い上げ、解決することにあるのです。
星の話題にしては珍しく、断言する。
これは、経験上、本当にそうだったから。


ただ、それが暴発しないように配慮したいところ。
火星が絡むと危険、って言いますよね。
って考えると、今は結構危険な配置かもしれませんが……。
その辺、家の中で、「先輩から離れたい!!!」と、
4回爆発させられたのはよかったかもしれません。
ひとりで叫びながら、地団駄踏んでました(笑)
スピリチュアル・レッスンによる、怒りの燃焼とは、こういうわけです。



再び「書くこと」の話に戻ります。
上に、ASC(アセンダント。その人の生まれ持った性質)が双子座と書きましたが、
そうなると、当然、対向のDSC(ディセンダント)は射手座ですし、
またMCは魚座……と、私はダブルボディーズサインだらけなのです。
よって、文章と絵と……まあどちらも中途半端という悩みは先日書いた通りですが、
よく言えば、二刀流でして、片方がダメなとき、もう片方に逃げるということが出来ます。


というわけで、この逆行を理由に、絵に逃げ込みたいなぁ、と。
逃げ込めるといいなぁ。
東京に出てきたばかりの頃の、あのエネルギーを“取り戻し”たい。
逆行中なだけに。

0コメント

  • 1000 / 1000