スピリチュアルとのつきあい

28日間のスピリチュアルレッスンを終えました。


今回のレッスンでは、毎日の課題……例えば、「ゴミを捨てる」とか、
「怖いと思ってることをやってみる」とか、いろいろあるのですけど、それらよりも何より、
2日目の課題「今日からの27日間、毎日出来ることをやり遂げる」として誓った、
「毎日ブログを書く」
これによる成果がでかかったです。


ニャン写真とか、過去の漫画とかでごまかした日もありますけど、
とにかく毎日、何かしらブログ動かすことで、解ったのは、


やれば、できる。


でした。
度々書いているように、この1、2年、やる気が枯らされて、毎日、ただ、
「何かやらねば……やらねば……」とあがくだけで本当に苦しかったのですが、
こういうとき、一番助けてくれるのは、本当は、先日も書いたとおり、
「土星」なんだなぁと、今回、最高に実感しました。
たとえやる気が出なくても、少しだけでも動くことを続けること。
土星は『地道にコツコツ』を旨とする、厳しく地味な星ですが、
ちょっとずつ、けれどしつこく継続しているうちに、
気付けば高いところまで登らせてくれている、そういう星です。


レッスン開始のときにも書きましたが、スピリチュアルレッスンは、
「スピリチュアル」とある割に、うさんくさくない、心のレッスンです。
と言いますか、「スピリチュアル」を私はこの数年で、大分見直しました。


正直に暴言を吐きますが、数年前まで私は、スピリチュアルって大半が『インチキ』か、
『自分は見えると信じてる勘違いしてる人が盲信してるもの』だと思っていました。

確かに今も、「それは、絶対違うヤツやで。」とツッコミを入れたくなるもの、
「お花畑だな〜」と薄目で遠巻きに見たくなるものも、あります(ごめんなさい)。
けれど一方で、長年、ずっと解決出来なかった『生きづらさ』を解放に導いてくれたのも、
スピリチュアルでした。
成果主義の物質文化では気付けなかった心の問題に、
不思議の世界からのアプローチが大いに役立ってくれました。
(もちろん心理学も一端を担ってくれましたが。っていうか、実際、
スピリチュアルと心理学は、結構かぶってる世界だということがわかった。)


この1、2年は、本当に動けなくて大した成果も出せず、やる気は衰退する一方でしたが、
水面下では劇的な変化が起きていたことを実感します。
東京に出て来る前の日記を読み返すと、
「こんなに自分をいじめなくても苦しめなくてもよかったのにね」
と、全く違う目で見ることの出来ている自分に気付きます。


占星術的にいえば、魚座を進行中の海王星様が私の月・火星のど真ん前、
かつ、金星に60度、かつ、水星に120度を作っています。絶賛、海王星祭りです。
海王星は、『幻想』『音楽』『ドラッグ』そして『スピリチュアル』などを扱います。
扱いにくい星なので、特に月・火星と180度を作ることについては、いろいろ要注意ですが、
こうした不思議の世界に『片足』つっこむという形で、ほどほどに海王星パワーを
流していければいいかなぁと思っています。
あくまで、節度あるレベルで。暴走すると怖いのが海王星ですから。


本調子ではないとは言え、とりあえず、こうして『書くこと』の世界には大分帰って来れたから、
次なる目標は「絵を描ける自分を取り戻す」。
絵もまた、海王星の管轄ですからね。
(私の絵の場合は、金星っぽいけど……)

0コメント

  • 1000 / 1000