ノインゼ兄さん誕生まで(前編 / 美形とロンゲ)

「○○誕生まで」シリーズ第2弾は、ノインゼ兄さん。

この子ももう生まれて10年が経ちますので、彼のキャラクター変遷は、イコール「私の絵の変遷」及び自叙伝状態です。
よってめっちゃ長い。よって前後編に分けました。
前編は「きっかけ」および「影響」について。



ノインゼは、今、主に動いている子たちの中では、3番目に生まれた子です。
オルファ、イズーナちゃんの方が誕生は早いです。
ですが、その「原型」みたいなのは、オルファと同時期に生まれていたような気がします。



さあー、私のイタい過去絵晒し大会始めますよー!
みんな、頑張ってついてきて!!(笑)


大分捨てちゃったので、もうあんまり残ってないんですけど、その原型が、

たぶんこれかな。
北風の子ども・リールくん、っていいました。
まだ、100円の落書き帳に、ミッキーマウスの色鉛筆で塗って満足してた頃(笑)


成長した姿の絵はもう捨てて無くなってたんだけど、一枚だけ、大分あとになってPCで描いたのが残ってました。これ ↓

何か背負っているのは気にしないであげてください。
この「さらっとロンゲ」は、この後、断髪されて、無造作頭になる的な何かでした。


私、正直、ロンゲキャラクターは全くツボらないんですよ。
黒髪は好きだけど、ホント、オーソドックスな少年風髪型が一番好きです。楊ぜんより、太公望が圧倒的に好きでした。(歳バレる)

私世代のバイブル扱いされてる「天使なんかじゃない」も、はまらなかった一因に「晃がリーゼントだった」ってことがある気がする。
基本的に矢沢あいの漫画は、あの“派手なリア充感”があんまり肌に合わないってのがあるんですが、まぁ晃も、パリ編の頭だったら、ちょっと好きだったかも解らない。
とか言ってね、スラムダンクで一番好きなの、水戸くんなんですけど。めっちゃリーゼントじゃないですか。
天ない完全版巻末の、藤くんの解説、ゲラゲラ笑いながら読んだの覚えてます。
とにかくなぜ晃に一言も触れてないんだ、っていう。
しかも、「主人公(翠)はあんまり好きじゃなかった(ごめんなさい)」とか言い放ってるし。正直すぎて引くわそういうところ好きです。
まぁ、あの漫画は、連載当時から、読者満場一致で「麻宮裕子マジ神」でしたからね〜。
翠ちゃんはね、ぐちゃぐちゃになっちゃう恋する女子の心を体現しないといけないから、綺麗なキャラクターではいられないんですよ。



何の話をしてたのか解らなくなってきましたが。
そんな風にロンゲに興味のない私ですが、「断髪された無造作黒髪」に目覚めたきっかけのお方がおります。
そのお方とは、言わずもがな、

アシタカヒコ様。

宮崎監督、断髪式好きだよね。アシタカだけじゃなくて、シータもソフィーもやらされてた。漫画版だとクシャナさんも。どんだけよ。


ただ、私、恐ろしいことに気づいてしまったんです。
今回、めちゃくちゃ久しぶりに「もののけ姫」を見返してみたら、

「私、この映画……今見たら、そこまで好きじゃない気がする……」

って……。


いや、そりゃあ昔ほど感じるものが無くなってることはとっくに解ってた。
出会いは十代だったんだからそれは当たり前だ。感じ方が同じでも困る。
しかし、思ってた以上に、

「アシタカ、忙しいやっちゃなぁ〜」

「戦国が舞台って意外としっくり来てないなぁ〜」

「ジコ坊のキャラ、必要性が微妙じゃない?」

「やっぱ大御所以外の俳優陣の演技はいささか限界を感じるかなぁ〜」

と、なんだかごちゃごちゃ考えてしまった。

ああ、年月って怖すぎる。あの頃は映画館に三回行ったし(お父さんがノってくれた)、もう冗談抜きで現実に帰ってこれなかったし、監督の思いと台詞の意味のひとつひとつを考えたし、直視出来ないくらいアシタカカッコいいいいいいって思ってたのに!
なんかもう、自分の礎、覆された思い。ひとりでおののけ姫です。
まぁ、アシタカがダメイケメンなのは前から知っていましたけどさ(カヤの件)。
こーれだからイケメンは、自分のイケ面に胡座かきよってよー。って。
自分に惚れてる女子から貰ったものを、自分が惚れた女にあっさりあげちゃうし、そしてそのあげたもので、新しい方の女からグサッとやられるあたり、なにかこう……示唆的なものを感じたりしたものよ。
まあちょっと、痛い目見た方がいいよね、彼ね。(15年前には考えられなかった発言)


ナウシカの原作には、相変わらず魂を揺さぶられるんですけどね。
でもあっちも、ナウシカ以上にクシャナ殿下に惹かれるんだよね。
あと、こないだ「バンビ」を初めてちゃんと見て気づいたんだけども、もののけ姫って、「バンビ」にめっちゃ影響受けてるよね。シシ神って、バンビ父ですよね。
宮崎監督って、昔よくディズニー罵ってたよね。どの口が、ってね。
そういうところ好きですけどね(笑)



またも何の話をしていたのか解らなくなってきましたが、
ただ、それでも私の中の「カッコいい」の礎がアシタカにあることは、きっと死ぬまで変わらない。
こうしてまじまじとアシタカを見てると、それがよく解って、ちょっとこう……なんか……辛くなるものがある……(笑)
もう、自分のルーツは本当にここだと思い知らされる。ナウシカからもののけ姫までのジブリは、やっぱり最終的に、好きとか嫌いとかには収まらないのも解ってはいる。

ジブリでロンゲって言えば「ハウル」ってなりそうなものですけど、違うんです。
ハウルはね、作画が洗練されすぎちゃってたし、目もキラキラ過ぎて、そこまで“来るもの”がなかったんですよ。


ハクはね、おかっぱすぎて、「( ´ - `)ナンデ?」って気持ちになったんですよね。
だから、私のジブリオタっぷりを知ってた人たちに「理想の男性像はハクでしょ〜」って言われるたびに、
「わかってねーな、ジブリメンズってだけで、私が合格点与えてると思うなよ」
って思ってた。何の反抗期だ。
アシタカも特に前半は妙なおかっぱですよね。後半はそうでもなくなってくるあれは、ブローしてないとばさばさになってくる的なこと?


あと、私は「千と千尋」で「なんか……あれっ?」ってなって、
「ハウル」で「おおおおもお、宮崎監督と離婚する!」ってなったから、
この二作品に対する思いは、今もビミョーだったりする。


聖司くんに至っては、やっぱり花形満な髪型のせいでか、これまたツボらなかったんですよね。
お前、どんだけ少年風無造作が好きなんだよ!!!



……アシタカなんだよ……監督に「俺は一世一代の美形を描いてるんだ!」って言わしめた、無造作黒髪の、アシタカなんだよ……私の中の「永遠のカッコいい」は……。



さて、こうしてアシタカにより、私の中に、「断髪、黒髪、美形」のイケメン基盤が成立します。
ですが、これでは、なぜロンゲ? の疑問が払拭されません。
まぁアシタカも、普通の少年風よりは雰囲気のある長さですので、さっきも言ったように、彼がルーツだとひとまとめに説明してもいい気もしますし、ハウルもそうだったように、ただ単にロンゲは「美形メンズが、影ある雰囲気を出すのに便利な、描き手に優しいアイテム」であり、よって美形がロンゲになりがちなのは“普遍の法則”なんじゃなかろうか、という気もしますが、
私がノインゼに投影した、具体的な先人が一人、思い当たります。


エッセイにも書きましたが、「赤毛のアン」の次男、「ウォルター・ブライス」です。

「兄弟の中で一番の器量よし」「まっ直ぐな黒い髪と立派な顔立ち」「詩の本に夢中」のウォルター……一番臆病で、一番勇敢だったウォルター。
挿絵があったわけではないので、ロンゲだった証拠もないんですが、この、「まっ直ぐな黒い髪」という記述で、私はなんとなく、一番上の絵 ↑ のノインゼの、あんな頭のウォルター像を思い描いていました。
ノインゼは当初、儚いイメージもあったので、ウォルターの存在はノインゼのキャラクター造形に、やっぱり一役かっていると思います。


というわけで、ノインゼのロンゲは、麻宮裕子至上主義仲間の藤原さんとは全く関係ないんです。
そういえば私はBUMPを聞き始めたとき、どれが藤原さんかも解ってなかったですね。
当時のポスター、たまたま、いちばんでっかく写ってたのが、チャマさんだったんだよ(笑)



☆ ☆ ☆



さて、オルファに「25歳のお兄ちゃん」を創ろう! と思ったきっかけはこの人、

(© SQUARE ENIX)

FF6のロックさん(25歳・射手座・O型)でした。
たぶん、私が萌えると思った「最後の」キャラクターが彼です。
彼を最後に、「キャラクターに萌える」という感情を無くした。(オトナになったのか?)



以前、友達に、

「なおさん……ロックといい、アシタカといい、イケメンだめんずに弱い……( ´∀`)プスス」

と言われて、

「ああああああああああああホンマやあああああ!!!!!」

と気づかされたことがあります。



誰にでも守る守る言うし、

「セリスを娶るのはロック様だ!」とか言って乙女心めっちゃ引っ搔き回すし、

そのくせに、世界崩壊後はみんな再建のために頑張ってるって—のに、ひとりだけあいっかわらずレイチェルレイチェルでフェニックス探してるし、

お前ホンッッッット、まるでダメなお兄さんだなーロック好きだよ!!! となった私は(ああああ)、

「そうだ、25歳の男子キャラクター創ろう」

と思いたちました。
当時の私にしてみれば、25歳のメンズというのは「立派な大人男性」、それまで可愛いものしか描いたことが無かったことを思えば、「新境地」でした。



なんか、ノインゼの話をするつもりが、私の「中2回顧録」になっただけだ。


と、気づいたところで、後編へ続く。

0コメント

  • 1000 / 1000