ノインゼ兄さん誕生まで(後編 / 絵の変遷)


ディズニーCDに収録されている、「シンデレラの夢は叶ったの」という、フェアリーゴッドマザーの言葉を聞くたびに「夢って、玉の輿?」って思ってしまう、よごれたオトナに育ってしまった私です。


前回までのあらすじ>

ロンゲは全くツボらなかったはずなのに、なんやかんやで「ロンゲの25歳のキャラクターを生もう」ということになった。

(全然あらすじになってない)



で、キャラクター制作の試行錯誤が始まります。

まだ、安物の落書き帳の頃です。

が、流石にミッキーの36色は使わなくなりました(笑)

……なんか、ロンゲにした理由を前回いろいろごちゃごちゃ言ってたけど、結局、ことの起こりは、

「オルファと区別したかった」

なんじゃないのか、って気がしてきた(笑)

だが、結った髪ってグッとこなかったんだろう。あんまり可愛くないし、これ。 


で、ちょっと短くカットして、

このへんで、ようやく「あ、お兄ちゃん、これ!」ってピンと来たんだったような気がします。

少年時代は、自分の一番のツボ(少年風無造作)でいこうと決めていたらしい(笑)


段々、今の雰囲気に近づいてくる。(しかし足が太い)(兄さんは草食系体格の設定です。)


結構、イメージが固まってくる。 

この頃って、へったくそなんですけど(まぁ今もヘタなんですけど……) 私の絵柄、基本的に変わってないですね(笑)


ノインゼは、「あんまり迷わないキャラクター」にするつもりでした。 

そして、カッコよくて、強くって、自信があって、周りを導いてくれてー……みたいな、「極端な王子様」にしようと思っていました。 

脇役(の予定だった)の子だからこそ、やりたい放題な感じでキャラクターを創ってみたかったんです。


ですが、予定が大幅に狂ってきます。


さて、この後、プライベートが混乱してブランクが出来るのですが、 

それが落ち着いてから地元の画塾に通い始め、絵がちょっとまとまってきます。

一気にノインゼになってきた!

前編で言ってた、アシタカやウォルター像がようやく反映されてきた感じ。


「オクラは食べねえっつってんだろ」


…って、絵の下に書いてあった。

(オクラが嫌いなのは、私です。)


上手くトリミングした絵が多いことにお気づきでしょうか。

そう、私、頭部をやたら長く描く癖があった(ある)んです。

画像切ってごまかしてる(笑)


ポエミーだ!(笑)


強くて、迷わないキャラクターはどこへやら。

一番葛藤を抱えたキャラクターに転じ始めます。

私自身のメンタル状況が最も投影されたのが、ノインゼです。 

考えてみたら、私が「迷いや葛藤の無い人」をメインに置けるはずが無かったんだ。


この後、再びプライベートが混乱して、描けない期に入る。

絵が退化しとる。

大丈夫じゃなかったです……。(当時のわたしが) 

この頃は、笑顔どころか、絵そのものが全く描けませんでした。


この後、上京。

環境が変わり、心が息を吹き返し、

ここから、俺の筆が唸るぜえええええ状態に。


(ちょっと中性的にしすぎた)


うーん、自分の復活っぷりが、見事に彼に表れている(笑)


しかし、それでもまだこの頃の兄さんは、「あんまりおもしろくない」キャラクターのままでした。

「強くて迷わない子」ではなくなったけど、「穏やかで人間が出来た素敵な王子様」に過ぎませんでした。(それに何の不満が?)


そんな中、2014年の初夏、この方が誕生します。

兄さんのキャラクタークラッシャー(笑)

※ ルナール隊長誕生秘話はこちら☆


それまでは、「一番上に立って、下の子たちを率いる・守る」という気を張ってないといけない立ち場だったノインゼ兄さん。

しかし、ルナール隊長の誕生で、いくらか息抜き出来るようになったらしく、彼は年相応の、表情の広がりを見せ始めます。


(これは私も愛用している、オーディオテクニカのエアーダイナミック・ヘッドホン)


うふふ、何を見られたのかしら。


一転、やさぐれとる。


最近描いた中では一番気に入ってる顔。(5分もかかってない)

一番気に入ってる背中。


こっちも気に入ってるかな。

イズーナちゃんはノインゼの背中に毎回、はらはらさせられてるらしい(笑)


初めて「少年漫画」を読んだときに気づいたんですけど、「少女漫画」の男の子って、「友だちがいない」パターンが多くないですか?
いないわけじゃないんだろうけど、描かれないんですよ。ボーイとガールしか描かれないの。
「天使なんかじゃない」の晃も、生徒会以外に友だちおらんの?
真壁くん……は、一匹狼きどってたからしょうがないのか。

私は同性に慕われるって、カッコいいキャラに必須の装備だと思うし、恋愛もの以上に友情ものが好きなので、友だちを描きたいです。
花道に水戸くん、タッちゃんに原田くんとか、最高だわ。


少年時代は、当初の予定通り、オーソドックス少年頭。

ここは譲りません!(笑)


ノインゼの名前は、算数です。

「25歳の兄さん」を創りたかった、というのが出発点なので、

25=19+2×3(19にぃさん)

19はドイツ語でneunzehn(ノインツィン)。 

だから彼の名前は「Neunze」と綴ってあるのです。


もし私が大学で取ってた第二外国語がドイツ語じゃなく、フランス語だったら、 19はディズヌフ(dix-neuf)なので、「ディズニー兄さん」になっていたかもしれませんね(笑)

(これ、すごい気に入ってるんだけど・笑)


キャラクター誕生の経緯に某ボーカル藤原さんは関係ない、と書きましたが、
ノインゼを描いてるときは確かによくBUMPを聞いてたので、描いているうちに引っ張られてたところはあるのかもしれない……とは思います。

(が、なぜそれをこの絵の下で言う)


でも、結局、自分ではよく解りません。


長い道のりを経て、ここまで来たね。

でも、優しくてカッコいいお兄ちゃんなのは、今も昔も変わらないよ!

0コメント

  • 1000 / 1000