ルナール隊長誕生まで

元は2014年…ルナール隊長が誕生したときの記事でしたが、見返してたらちょっと楽しくなったので、今(2017年)の視点を交えながら、再掲載します。

ラクガキもいくつか足しました。


2014年時点で、うちの人間さんたち(耳でかいけど)の中でちゃんと動いていたのは、オルファ・イズーナ・ノインゼの3人だけでした。
他にもいたけど、いろいろ保留で活動停止状態だった。

そこで前々から「ノインゼに友だちを創ってあげよう」と思っていたのを実行したわけです。

オルファに、じゃなくてノインゼに、だったのは、たぶん休止状態とはいえ、オルファにはお友達がいたから。(ノインゼはぼっちだったんで)


ノインゼがロンゲだから、友だちは短髪がいいなぁと思っていて、そこでひたすら短髪の「西洋人」のスケッチをしたのです。
それがこれ

アジア人だと、身近すぎて現実味があって絵に落とし込みづらいので、西洋人をモチーフにしました。
別に、西洋人が好きってわけじゃないんですけどね。私は塩顔が好みです(何回言うんだ)。


ルナール隊長が、なんか無愛想なキャラクターになってしまったのは、このスケッチのせいだと思われます。

なぜか西洋モデルの写真はどれも、「キリッと無愛想」だったのです。

一番、インスピレーションくれたのは、上段真ん中の絵の元となった、Nicolai Haugaardというデンマークかどっかのモデルさんの写真でした。

まぁ、別にまんま、その方のイメージってわけじゃないんだけど。

生え際は、下段左が採用されました。この生え際の絵の元となった人は、もっとマッチョだった。



キャラクターを創るのに着手するきっかけになったのは、わたしの「フリマ散歩」でした。
東京に来て間もない5月のある日、私は前々から楽しみにしていた、調布のフリーケットに行きました。


結果、買えたのは、フォックスリータイムの鉢、ひとつでした。

店主とお話ししながら、青空の下でロハスなお買い物♡……なんてのを期待していったら、ただの人の山、ご飯もろくに買えない、仕方が無いからすごすご会場外に出たら、同じような食料難民で溢れかえってて、結局肉屋でハムカツ買って食べ歩き〜♪ だったわけですよ。肉屋のおじちゃんの笑顔、忘れない。
そんな中、何も買って帰らないのも悔しいから、意地でもしたお買い物が、フォックスリータイムだったのです。


で、タイムを買ったらハーブ熱に火がついたのか、ついでに近所のホームセンターで、ミントとかカモミールとか、5つくらい買ってきたのです。

それを並べてみたところ、古参の花かんざし(ノインゼって呼んでた)、アリッサム(イズーナって呼んでた)、勿忘草(オルファって呼んでた)(頭楽しいね〜)を守る騎士団みたいに見えたのです。


よって、タイム隊長率いる、ハーブ隊が生まれました。
キャトロちゃんも、この「カモミール」をモチーフに生まれたキャラクターです。


最初は、タイムは女の子の予定だったんです。

元々この国には、魔女の師匠みたいなのがいまして、彼女をタイムに当てはめるつもりでした。

癒しの師匠(女性隊長)と、その部下、みたいな。

けど、調べていくうちに、「古代ギリシアでは、タイムは勇気の象徴」だと知ったり、花言葉もそんなんだって解ったりして、なんかちょっと、勇者っぽいイメージを持ったんで、男の子に変えました。

一方、カモミールは、効能的にも、女性向けな印象があったので、女の子にしました。

ところがあとで知ったんだけども、実はタイムって、性別的には女性、支配惑星は金星、逆にカモミールが男性で、支配惑星は太陽らしいですね(なんかそういうのが伝承的にあるらしい)。まぁいいや。


というわけで、順番的には、

1.脳内でぼんやり「ノインゼに友だち作ってあげななー」

2.フリマでタイムの鉢を買う

3.王子の守護騎士団に擬人化する

4.リーダーを男子にする

5.ノインゼの友だちになる

こういったところでしょうか。


さて、上のイケメンきりり顔では、自分の普段の絵から遠くて描きづらかったので、いつもの絵に落とし込む作業が下のとおり。

これは3番目が今のイメージに一番近いですね。


次はノインゼと並べてみる。

爽やかさで短髪に軍配があがる危険性を感じ始める。

そこで、ノインゼ本気モードを描いてみる。

デッサンがずれてるのが残念だけど。
前も書いたけど、これはもっと前髪をかぶせて浮かない表情を描こうと思っていたのに、その頃、なぜか断食ガマンをしていたBUMPを解禁したら、勝手にこんな顔になった、という思い出があります。

たぶん、友だちが出来て、この子も嬉しかったのだろう。


※ノインゼ兄さん誕生秘話はこちら(前編)と、こちら(後編)



隊長をしゃべらせてみる。

ルナが生まれるまでは、ノインゼが一番、他を率いていく兄貴イメージだったんですよ。
でも、なんか、ノインゼより偉そうというか、ノインゼの「面倒を見る」感じのキャラクターが欲しかったんですよね。
ルナはうまくそれにはまってくれました。


さらに言えば、ルナ誕生前のノインゼは、あんまり面白いキャラクターじゃなかった。
「腹立つくらい完璧な王子様」が生み出したくて創ったのがノインゼだったのですけど、人間性も温厚で優しくていい人で、しょーじき、つまらんヤツだった。
が、ルナが生まれたら、子どもっぽいところが出てきて、結構ふざけたりするようになったので、私はとても嬉しく思っています(´ - ` )

(歳時記本より)(いろいろ形が間違ってるんですが)


あんまりカラーで出すことがなかったので、ルナは金髪だと思ってる方が多いみたいなんですが、
髪の毛、緑なんです。

だって、元々、葉っぱだから。


お約束:子ども時代

これが結構気に入ったので、おさななじみ話の妄想が広がる。
そうすると、必然的に、ルナの家族の話も膨らむという。

実家暮らし(笑)

(「母ちゃん似」って書いてあるのは、ルナじゃなくて、ノイ・オル兄弟の話ですが、まぁルナも母ちゃん似です。)

「寡黙でミステリアスなようでいて、その実、あまり大したことを考えていない」というのは、教え子の一人からイメージを貰ってる気がします。

教え子でいたんですよ、スッとした顔で、あまりしゃべらなくて、女子にも人気があって、見透かすような目でこっちを見てくるんだけど、星座と血液型を聞いたら「ギョウザのニイガタ」って答えるような子が(笑)

でも、誕生日には泣けるじゃないかコノヤロー!って言いたくなるようなメールをくれる子だった。まこちん、元気かな〜。


ルナの家族は、強い父ちゃん、綺麗でキリッとした母ちゃん、5歳くらい年上の姉ちゃん(既婚)…って感じです。

ルナ姉は、実家の近くに住んでます。小学生くらいの娘がおりまして、これがルナにえらく懐いております。

そのうち描きたいもんですが、ノインゼはこのルナファミリーにはかなりお世話になっていて、ルナママに叱られたりもして成長しています(笑)

これも歳時記本より。隊長は子どもと動物が好きです。
(そのイメージは多分、うちの弟から来てる。うちの弟も家の中では無愛想なもんで、隊長とちょっとかぶるんです。)


ちなみにこれ、画伯がいないのは、ヤツはよくスケッチ旅行に行っていて物知りだから、勉強する必要がないからです。

クッカさんはああ見えて、働くパパだから忙しい。ウシィも飛び回ってて忙しい。

ポッピーくんが来れてるのは、たぶん、イズーナちゃん辺りがひよこを預かってくれたんじゃないか、と。


「ルナール」という名前は「狐」のフランス語です。

「“フォックス”リータイム」ですからね。


そんなこんなで、ルナール隊長誕生物語でした。


0コメント

  • 1000 / 1000