手作り本ができるまで

文学フリマ、来ております。
すでにお買い上げくださった皆様、ありがとうございました(´∀`)
もうしばらくおりますので、興味のある方は是非。(ラストまではいられないかもですが)


今回は久しぶりに、京都本を持ってきました。
京都本と、歴代エッセイはすべて、コピー本、つまり手作り本で、これは、私が最初の就職でずっこけて、ボンビーバイトをしてたときに、かねをかけずに、それなりにステキな本にしたい、と、開発(?)した作り方です。

まず、印刷したものを丁合します。


つづいて、それをホッチキスで留めます。
厚いときは、もっとでっかいホッチキスを使います。

製本テープで、背中をカバーします。

製本テープと本の境目を、マスキングテープでおしゃれ(?)にカバーして、完成です。


「『開発』とか言った割には簡単じゃねーか!」というお声が聞こえてきそうですが、裏写りしない紙の厚さを考えたり、表紙にはどの紙が最適か考えたり、印刷モードを調整したり、結構、頭を使ってたどり着いた作り方であります。(自慢)



今日は珍しく、早めに会場を回ってみたのですが、これだけたくさんブースがある中で、目に留めてもらうだけでも、すごいことだとしみじみ思いました。


ここで見つけてくださったみなさま、本当にありがとう^ ^


うちのブログ、Amebaアカウントを持ってないとコメント投稿が出来なくて、ご不便をおかけしてるんですが、何かありましたら、ABOUT MEのところに載っているメールアドレスnao.yagiushi at gmail.com(at → @)からお送りくださいね。


帰宅したらまた追記します。

(11/25 文フリお礼日記アップしました。こちらへどうぞ



0コメント

  • 1000 / 1000