部屋の中のともだち

今日は、うちの子たちを紹介します。室内編です。


上の写真は、先日もお話ししました、「シルクジャスミン」。

本名は『月橘(げっきつ)』といいます。ミカン科です。

機嫌がいいのか、だいぶ育ってきました。新しいつぼみも6個くらいついてる。

3coinsうまれ。


シルクジャスミンより若干前に来た先輩、「ガジュマル」。

新しい葉っぱもどんどん出てきて、元気ではありますが、ちょっと葉焼けが気になります。

Natural Kitchen(100均)生まれ。

「プリケツ」って呼んでた、プリティーな幹部分。

だが今は後ろから見ると、

ケツ毛ボーボー状態である。

お妙さんのような菩薩の心で愛し続けております。

(っていうか、気根は健康の証)

※ 追記:おケツがしわしわなのは、水が足りないらしい!

すまぬ……


こちらも先日紹介した、「アスパラガス(プルモーサス)」。

こないだの写真とぜひ見比べてほしいんですが、一ヶ月経たないうちに、爆発的な成長をしています。


ヘデラ(アイビー)の「リサ」。

女の子の名前を付けてるんじゃなくて、リサという種類らしいです。

前から斑入りのアイビーが欲しかった。


一回枯らしてしまったのですが、再生してくれた「ワイヤープランツ」。

枯れる前の様子はこちらに載ってます。こんなにもこもこしてたのに……ごめんね。

よくぞ復活してくれました。


ベランダで大繁殖してるのを切って挿し木してみた「アップルミント」(だったと思う)。

部屋の中では外に比べてテンション低めか。

とりあえず上手く根付いたみたいなので、職場に持ってって、癒しにする予定です。

陽当たりいいところで育ててみる。

ミントは「ミントテロ」と呼ばれるくらい、爆発的に育ちますからね〜。


幸福の木と呼ばれる「ドラセナ」。

ハイドロカルチャーは性に合いませんでした。

近日中に土に植え替える予定で、ただいまスタンバイ中。うまくいくかなぁ。


多肉植物は育てるのがヘタなんですが、この子だけは上手く育ってくれてる「熊童子」。

普通の葉っぱのに比べて、多肉は水を欲しがるタイミングが解りづらくて、難しい。



近くに、植物をたくさん売ってるスーパーがあるので、誘惑が多いです。

私が持ってるのとは別のアスパラガスも見つけてしまった……また欲しいなぁ。

今の部屋は陽当たりがいいからか、どの子たちもめきめき育ってくれてます。

ルナール隊長みたいに、この中から、またキャラクターとして形を貰って出てくる子がいるかもしれません。

シルクジャスミンあたりは、そろそろキャラ化しそう(。・ω・。)


園芸的なこだわりはなく、適当ではあるんですが、なんか、『育てる』っていうのが好きなんですよね。

月乙女座だからかな。

(たまに枯らしてしまいますが……ごめんよ……)

水まきしてる時間って、なんか心が満たされる。



0コメント

  • 1000 / 1000